派遣の運転手の働き方が注目されている理由とは?


実務経験が少ない人も高時給で働くことができる

派遣の運転手は、タクシー会社で正社員として働く運転手と違い基本的にボーナスがないものの、実務経験が少ない人も高時給で働きやすいといった利点があります。たとえば、業績が良い大手企業に運転手として派遣される場合は、二千円以上の時給が支払われるケースもあり、収入にこだわって働きたい人にとって大きな魅力があります。運転手の派遣を専門に行っている会社の中には、一人ひとりの求職者の年齢や経験、保有免許などに応じて職場の紹介をしたり、必要に応じて研修を実施したりしているところも少なくありません。そのため、派遣の運転手の仕事内容や待遇について興味がある時は、運送業界の就職実績が豊富な派遣会社に相談をしてみると良いでしょう。

同じ派遣先で経験を積むと正社員登用のチャンスがある

派遣の運転手は経験が少ない人も仕事を始めやすいのはもちろんのこと、同じ派遣先で長く経験を積むことで正社員登用されるチャンスもあります。特に、勤務態度が良いのはもちろんのこと、運転技術が優れている人やコミュニケーションスキルが高い人は、正社員登用の可能性が高く目標を持って働くことができます。最近では、正社員登用の基準や条件について、派遣の運転手に明確に示している会社もあるため、求職中にじっくりと将来性のある会社を探すのがおすすめです。なお、採用時の年齢が高い人や、ブランクの期間がある人は、他の人と比べて正社員になれるまでに時間が掛かることもあるため、慎重に勤務先を決めることが重要です。

昨今、トラック等の運転手の派遣仕事が増えています。派遣先企業にしてみれば、正社員ドライバーが不足する繁忙期に手早く・タイムリーに派遣ドライバーを補充出来るので、この増加傾向は当然と言えるでしょう。