社内研修と社外研修のどちらが良い?選び方のポイントとは?


社内研修と社外研修を比較しよう

研修を社内と社外のどちらで実施するかは大きな問題ですが、比較してみると目的に合った方を選べます。社内研修は内容の自由度が高いのが特徴で、オーダーメイドで最適な研修を実施できるのがメリットです。ただし、充実した内容にしようとすると準備にも時間や労力がかかり、実施するために施設や講師などを手配しなければならない場合もあります。社内研修では準備や実施の負担が大きいのが問題です。しかし、社外研修の場合にはあらかじめプログラムができているので、選んで申し込むだけで研修を受けられます。社員に自由に選ばせることも、会社としてまとめて申し込むことも可能です。手間は少なくて済みますが、なかなか目的に合った研修がないのが問題になりがちです。

規模を考えて選択しよう

社内研修と社外研修のどちらを実施するかで迷ったときには規模を考えましょう。数人の社員研修を実施する場合には準備に莫大なコストがかかると費用対効果が上がりません。そのため、適切な社外研修を選んで実施した方が良いでしょう。逆に大手企業の新人研修のように大勢の人材に対して研修を実施する場合には社外研修の方がコストが高くなる傾向があります。手間がかかったとしても社内研修を計画した方が良いでしょう。

また、新人研修のように企業独自の考え方や技術、企業理念や社風などを伝えたい場合には社内研修にせざるを得ません。逆に社外研修はスキルアップを目指すのに適しているという性質の違いも考慮するときっと最適な方を選べるでしょう。

社員研修はスキルを向上させるための有効な手段です。プレゼンテーションやコミュニケーションなどいろいろ種類がたくさんあります。楽しく学べる講師もいます。