社員教育は何をすべき?方向性を考えて決めよう!


社員教育の方向性を決めよう

社員教育は社員を成長させて活躍してもらうためにも、成長していきたい意欲を持っている社員を支援する上でも重要です。企業が社員教育をするときには何をすべきかで迷いがちですが、方向性がはっきりと定まると内容も明確になります。どのような社員を育てる必要があるのか、企業としてどんな社員によって構成されているのが望ましいのかを考えてみましょう。多くのケースでは個々の社員をスペシャリストとして育てるか、ジェネラリストに仕立てるかを考えるのが重要になります。専門的な業務に特化しているスペシャリストの集団となるか、どんな仕事もそつなくこなせるジェネラリストによって構成される安定感のある組織とするかを検討するのが大切です。

方向性に合わせた教育をしよう

スペシャリストかジェネラリストかは大まかな方向性でしかなく、職種によってもどちらが望ましいかは異なるでしょう。ただ、このような方向性が決まれば社員教育の内容を決めるのは簡単です。スペシャリストを育てるのなら、職種ごとに特化した専門知識や専門技術を学ぶ機会を作るのが適切でしょう。スペシャリストとしての専門性を手に入れるには社外のサービスを利用して勉強する必要も生じる場合がほとんどです。一方、ジェネラリストなら普段は従事していない業務を経験する機会を与えるのが効果的です。ジェネラリストの場合には他の社員とのコミュニケーションを通して業務を知ることも重要になります。このように両者の違いを意識すると明確な社員教育の方針が定まります。

社員教育には、業務を体験しながらおこなうトレーニングであるOJTと、業務から離れておこなうトレーニングであるOFF-JTの2種類あります。