目的に合う社員研修の方法について調べてみよう!


eラーニングによる研修はコストや時間の節約ができる

eラーニングによる研修は、専門的な技術を限られた時間で習得させることは難しいものの、仕事の空き時間を使って苦手な分野を繰り返して学習できるというメリットがあります。最近では、コストや時間を節約するために、新人や管理職を対象とした研修の際に、eラーニングの研修を積極的に導入する企業も増えています。また、eラーニングの教材にはビジネスマナーや語学、ITなど様々なものが出回っており、ニーズに合うものを選択できるようになっています。なお、eラーニングの研修効果を高めるうえで、人事担当者だけでなく直属の上司が定期的に聞き取りを行ったり、自己評価を行わせたりすることが大事です。

コミュニケーション力の向上につながるグループワーク

ディスカッションやケーススタディ、プレゼンなどのグループワークを中心とした研修は、コミュニケーション力の向上の観点から多くの企業の担当者の間で高く評価されることがあります。特に、日ごろの仕事の中で接する機会の少ない人同士がスムーズにコミュニケーションを図るには、ある程度の時間が掛かることがあるため、研修を通じて共同作業ができるような仕組みを整えることが重要となります。また、予算に余裕がある場合には、社内の上司や先輩に講師を任せるだけでなく、外部のグループワークの専門家を頼りにするのも良いでしょう。

その他、営業職や事務職などの高いコミュニケーション力が求められる職種を対象に研修を実施するには、テーマや研修期間などを慎重に決めることが大事です。

管理職研修でメンタルヘルスの知識を学び、ラインケアを行うことは、従業員の心の健康を守る重要な手段です。管理者は従業員を守る責任があります。