倉庫では品質を優先しつつアイディアでアピール!


倉庫の仕組みを知ろう

倉庫によって扱う品物は違いますが、倉庫の仕組み自体はどの倉庫も同じです。倉庫作業の一番最初には入荷があり、入荷検品を終えた商品は棚に入れられます。商品を棚に入れる作業を入庫作業と言い、棚で管理された商品に注文がかかるとピッキング作業が行われ、出庫された品物は配送コースに振り分けられます。行き先ごとに振り分けされた商品は、最終検品を済ませた後、ドライバーの個数チェックを経て配送先に輸送されます。

品質を一番に考えよう

倉庫にある品物を出荷すれば、それでいいというものではありません。配達先に届ける時間も決まっていますし、もちろん商品に傷や汚れがあってはいけません。倉庫ではあらゆる商品を管理していますが、何よりも品質というものが一番優先されます。ダンボールなどは湿気に弱いため、倉庫内の湿度が高くなると荷崩れを起こします。定期的に換気扇を回すなり、空調設備を整えるなりして品物の状態を気にするようにしましょう。

独自の管理方法やアイディアが必要

品質とは品物の状態だけを指すものではありません。相手先に感謝されるような倉庫業務を行なって信用を得ることでもあります。信用は築き上げていくものですから、一つ一つの商品に対しての管理を行き届かせることが重要です。倉庫で働く人々の教育を行い、達成感とやりがいのある環境を目指している倉庫は多いですが、それだけでは物流業界を生き残ることは難しいでしょう。そのため他倉庫との差別化を図り、独自の管理方法やアイディアでアピールしていく倉庫が増えているのです。

3PLとは、物流サービス全般の向上を目的とした受託業務のことです。輸送・保管のような個別サービスだけでなく、サービス向上や経費削減を目的とし、外部の専門知識をもった業者に委託します。