適性検査で何がわかるの?適性検査の効果とは


適性検査っていったい何?

「適性検査」は、一般的には「SPI検査」と呼ばれています。様々な種類がありますが、一般常識などの学力検査や、性格面での適性検査が行われることが多いです。学習能力と性格適性が判断できるため、入社試験の一環として多く使用されています。採用の際に用いられる適性検査とは、人材の性格や能力、興味関心を経営人事に基づいて測定することです。人材の感情や知能を経済人事の尺度で測って、他者と比較することで、その人物の特性を明らかにすることができます。

適性検査でわかること

適性検査は前述のように、学力検査と性格適性にわけることができます。基本的な国語や数学の問題、一般常識や時事問題などが出題されるのが、学力検査です。知識を問われるだけではなく、論理的な思考力や想像力も問われます。

性格検査では、「日常的に冗談を言うか」や「イライラすることはあるか」などの質問をされます。日常生活に関わる多くの設問に当てはまるかどうかをチェックしていくのが、性格検査です。学力検査とは違い、それぞれの問題にはっきりした正解はありません。応募者が希望している職種に適した人材かどうか判断するための検査です。

適性検査は潜在能力を測る物差し

適性検査を行う目的は、応募者の人となりを見極めることです。ストレス耐性を例に挙げてみます。面接だけではわからないストレス耐性ですが、適性検査では、ストレスに強いか弱いかだけではなく、どういったストレスで弱っていくのかまで評価が可能です。ストレス耐性が低いと適性検査で判断できれば、面接の際に、「ミスをした時の対処法」などの質問をすることができます。そうすれば、回答によって採用するかどうかを適切に判断することができるのです。

適性検査は、事務や経理、営業などの職種の採用試験の際に実施されることが多く、面接の際の参考資料として用いられることもあります。