経験者ならさらに優遇される…倉庫会社の就職活動!


倉庫で働いてみよう!

求人の募集などを見ると倉庫の仕事も結構あります。倉庫内作業として募集している内容ではピッキング作業が一番多いと思います。ピッキング作業とは、伝票等の注文チケットに基づいて商品を出庫することを言います。ピッキングの内容によっては誰でもできるものもあるし、商品知識を必要にとする場合もあります。パートやアルバイトなどの主作業は単純な軽作業が多く、ピッキング初心者であってもそれほどの難しくはないでしょう。またフルタイムではなく短時間で集中して稼ぎたいという方にとっては、時間シフト制の倉庫もあります。

スキルを身につけよう

ピッキングなどの軽作業が身についてくると、更なるステップアップとして入庫や最終検査の仕事もあります。入庫作業は出庫する際に在庫の管理棚から商品を正しく抜き取れるように、商品の並べ方や整理も求められます。最終検査の作業では、届け先に送る商品の照合を行いますが、相手先によってはまとめ買いなどによる大量の出荷もありますから、数量のチェックも欠かせません。倉庫の作業はピッキングだけでなく、入庫や最終検査の仕事のありますので、個人のスキルに合わせてレベルアップしていくことができます。

学んだことがメリットになる

倉庫は日本中を探せばゴマンとあります。住んでいる地域でもいくつかの倉庫会社を見つけることができるはずです。一つの倉庫で学んだ知識や経験は、他の倉庫でも通じるものがありますので、倉庫作業の経験があるほど就活の面接も有利になります。未経験者優遇の倉庫も多いですが、経験者ならさらに優遇されることでしょう。

日本の物流網を支えているのはトラックであり、多くの長距離輸送は高速道路を使って夜間に行われています。