必要とされているものは何か?電気製品の自作!


電気製品のありがたみを知る時

普段の生活で何不自由ない暮らしができているとその便利さに気づかないものです。災害によってある日突然の停電…電気が使えなくなった時、初めてそのありがたみを知ります。停電してしまうと部屋の明かりはつかないし、暖房も冷房も効きませんから室温管理もできなくなります。ご飯を炊くにしても洗濯物をするにしても、何から何まで電気製品が必要なので、停電などするとそれらが一切使えなくなります。停電した時こそ、電気製品の便利さや素晴らしさに気がつく人は多いのではないでしょうか。

電気製品が作られるきっかけ

暗くても明かりがあれば夜でも行動できます。部屋にある照明は、「明かりが欲しい」という発想で作られました。冷蔵庫も同じように低温で食材を管理して「長持ちさせたい」というところからできています。新しい電気製品の発想は、いつも消費者が必要としているものは何なのか…ということを考えて作り出されています。人の手を使わず機械が自動的にやってくれれば、これほど助かることはありません。電気製品を作るきっかけは、日常の暮らしの中にあるのです。

オリジナル電気製品の自作

冬になると路上や庭などに落ち葉が積もってしまいますが、落ち葉の片付けには時間と労力が かかります。掃除機のノズルを大きくしてタンクの収納率を上げて、屋外で使用できるクリーナーを自作するというのもいいかもしれません。電気製品の自作は、一から作り上げるやり方もありますが、元々ある電気製品を改良してオリジナルの電気製品として開発する方法もおすすめです。

プリント基板設計とは、プリント基板の配線を設計することを言い、電子機器の可動に必要な電気回路を絶縁体の板に配線としてプリントし、その上にLSIなどの抵抗部品をとりつけるための設計業務です。